理念

基本方針

体制図

特徴

ビューテックローリーグループ(略称「VLG」)の安全活動は、グループ全拠点の現場管理者で 構築されている"安全環境推進委員会"が中心となって推進されており、現場に即したグループ統一活動が、 PDCAサイクルを活用して継続的に実施されています。

「人」・「物」・「仕組み」における問題点を5ゲン主義(現場・現物・現実・原理・原則) に基き抽出・改善し、PDCAサイクルを回し続けることで個々のレベルアップを図り、 危険物輸送業界での物流品質No.1を目指しています。

(1)「人」に対する活動
   ①現場確認・現場指導
   巡回指導結果を記録し、関係者と共有・補完する。また、評価の内容に応じて
   次の指導計画に落し込んでいます。

   ②荷卸訓練・研修会
   単に、手順通りの作業か?を確認するのではなく、手順1つひとつの原理・
   原則を理解しているか?や、丁寧且つ正確であるか?をポイントに評価し、
   指導しています。

(2)「物」に対する活動
   ①車両点検、設備点検
   車両・設備不具合の低減が、事故・トラブルの低減にも繋がるものと確信しており、
   管理者が率先して知識・技術の習得を目指しています。

(3)「仕組み」に対する活動
   ①教育基準・規定
   階層別教育=新人乗務員教育、冬季乗務員教育、事故惹起者教育、高齢者乗務員教育、
   通常教育を行っています。

   ②社内安全監査
   現場レベルでPDCAサイクルが回っているか?を確認すると共に、書類では見えない
   拠点別の悩みを知り、現場の声を聞くことも大きな目的としています。

   ③10の約束・3つの責任
   管理者は、乗務員への「ルールを守れ!」と押し付けるだけでなく、守れない現実を
   捉えて、環境改善に取り組む等のフォローアップ活動にも力を入れています。

(4)PDCAサイクル
   ①記録の保存と共有
   PDCAを回し続ける事が、グループ全体の安全のレベルアップに繋がっています。

ページの先頭へ

Copyright© VUTEQ CORPORATION all rights reserved.